ベルトコンベアーの仕組みとコンベアベルト|クレーン修理やフルイ機

男性

コンベアー修理業者

工場

ベルトコンベアーのコンベアベルトが劣化してしまったり切れてしまったりということは、長期間の使用により発生してしまうトラブルです。そういったトラブルに直面した際には、すぐにコンベアー修理業者に連絡することをお勧めします。

もっと読む

産業用クレーンの点検

クレーン

産業用クレーンというのは、大規模な建設工事等に導入される大型クレーンです。こういった大型機械というのは、トラブルが発生した際に大きな事故を発生させる可能性があります。クレーン点検業者に依頼して、定期的に点検を行ってもらう必要があるでしょう。

もっと読む

現場循環型工法について

女性スタッフ

多くの工事事業者の間で注目されている現場循環型工法に基づいて開発された特殊機械の中には、建設発生土を再利用化することのできる特殊機械も存在します。その一つとして、ガラパゴスフルイ機と呼ばれるものがあります。

もっと読む

コンベアーの種類

工場

コンベアーというのは自動で搬入物を運搬することのできる運搬機械のことを指し、その種類は大きく8種類に分けることが可能です。8種類のコンベアーの中でも認知度の高いものとして、ベルトコンベアーと呼ばれるものがあります。その他のコンベアーには、チェーンコンベアーやローラーコンベアー、振動コンベアー等といったものが挙げられます。コンベアーの種類というのは、その仕組みによって決定します。ベルトコンベアーであれば、コンベアー両端に設置されたテールローラにコンベアベルトを張り、コンベアー内部のモーターを回転させることによってテールローラが回転し、コンベアベルトが駆動するといった仕組みとなっています。また、コンベアーの内においてモーターが回転した際、ドライブプーリと呼ばれるローラーが回転し、その回転によりドライブプーリの上部に二つ設置されたスナップローラ及びテールローラが駆動します。
ベルトコンベアーにおける搬送物の運搬は、コンベアベルトの表面と搬送物底面の間で発生する摩擦力によって搬送物を安定させ運搬するといった仕組みとなっています。そのため、ベルトコンベアーで運搬できる搬送物というのは、底面がコンベアベルトと接するような形状のものである必要があります。例えば、箱物や袋物等です。このように、ベルトコンベアーには運搬できる搬送物が限られているため、企業で導入について検討する際には事業のニーズに合った仕組みのコンベアーを選ぶ必要があるのです。