ベルトコンベアーの仕組みとコンベアベルト|クレーン修理やフルイ機

作業員

現場循環型工法について

女性スタッフ

近年、土木工事現場や建設現場等の様々な工事現場において、現場循環型工法と呼ばれる取り組みが注目を集めています。現場循環型工法というのは、現場で発生する廃棄物を現場内で再利用化するといった取り組みであり、概念のことを指します。この取り組みが注目を集める理由として、残土処理問題が挙げられます。全ての工事現場において、建設発生土と呼ばれる建設副産物は必ず発生します。建設発生土は再利用が困難なものとされ、残土処理を行う必要がありました。しかし、建設発生土を残土処理するための埋立処理場が飽和状態となり、残土処理が困難なものとなったのです。それでも、一年の内の残土発生量は年々増加していく傾向がみられ、残土処理問題が重要視されるようになったのです。近年では、現場循環型工法の概念に基づいて開発された様々な特殊機械が登場しました。それらの特殊機械の中には、建設発生土の再利用化を可能とするものも存在するのです。
現場循環型工法の概念に基づいて開発された特殊機械の中に、ガラパゴスフルイ機と呼ばれるものがあります。ガラパゴスフルイ機はコンクリートガラや転石といった建設発生土の再利用化が可能な特殊機械となっており、建設現場や解体現場での活躍が期待されます。ガラパゴスフルイ機を現場に導入し、コンクリートガラや転石を再利用化した際には、それらの建設発生土を路盤材として再利用することが可能となるでしょう。ガラパゴスフルイ機のように、建設発生土を再利用化する機械はその他にも様々あり、それらを現場に導入することで残土処理問題は解決するでしょう。