ベルトコンベアーの仕組みとコンベアベルト|クレーン修理やフルイ機

作業員

産業用クレーンの点検

クレーン

大規模工事に導入される大型クレーンというのは、産業用クレーンと呼ばれます。産業用クレーンの利用というのは、主に鉄骨等の重たい建材を高い位置へ運搬するといった利用方法になるでしょう。もし、運搬する鉄骨等が機械の点検不備により落下してしまった場合、その被害は大きなものになりかねません。しかし、あれだけ大きな機械ですので、全ての箇所を使用毎に点検するのは困難なものとなるでしょう。そのため、産業用クレーンを利用する多くの工事事業者は、必要最低限の点検項目を決定し使用前にはその項目のみの点検を行っています。必要最低限の項目といっても、それらは各工事事業者が任意で決定し、それらの項目のクリア基準も工事事業者によって異なるのです。それでは、100%安全に利用できるとは言い難いかと思います。大きなリスクのある大型機械を利用する際には、100%の安全を確保して利用すべきです。その安全を確保するためには、クレーン点検業者に依頼する必要があるでしょう。
クレー点検業者というのは、大型の産業用クレーンであっても隅々まで点検を行ってくれる業者となっています。この業者に依頼が必要となるクレーン状態というのは、巻き上げ装置・横行装置のマグネットブレーキ、TCブレーキの利きが悪くなってしまった場合や、減速機の油が漏れているといった状態等です。この他にも、走行装置の油圧ブレーキの利きが悪くなってしまったり、フックの固定金具が破損してしまったりした等の事態にも早急に対応してくれます。また、全体の定期的な点検依頼を行うことも可能です。その他にも、この業者に依頼した際には工事事業者が行う自主点検の見直しも行ってもらうことができるでしょう。